婚活マッチングアプリはプロフィールの印象が9割?!好印象をえるコツとは?

婚活マッチングアプリを利用する際に、重要になるのがプロフィール写真の撮り方、選び方です。
外見にコンプレックスが合っても画像の加工などで補える部分があるため、工夫のしどころでもあります。
また、プロフィールの印象が悪ければ全く声がかからなくなる可能性も踏まえ、プロフィールが9割程度のイメージで戦略を練った方が良いのです。

婚活マッチングアプリで印象が良いプロフィール写真の撮り方とは?

婚活マッチングアプリで印象が良いプロフィール写真を撮るためには、写真の撮り方と選び方を知っておく必要があります。

写真を撮る場合は、正面からの撮影を避けること、明るめに撮ることが基本になります。横顔やある程度角度をつけた顔など、ある程度自信が持てる角度の方が相手にも良い印象になることが多いからです。表情が硬くなってしまうと暗い雰囲気の人ととられるケースも存在し、声がかかりにくくなります。
明るめの画像を選ぶのも、印象をやわらかくするためです。アプリで後から加工で明るさを上げることもできるため、加工を前提にするのも方法です。

婚活マッチングアプリを利用する場合は、「話しかけやすい」印象を作るとプラスになります。咬み色を明るめにする、メイクもナチュラルメイク風を目指すなど工夫をするのがおすすめです。声がかかる確率が高いほど結婚や恋愛に繋げやすくなるため、雰囲気も含めて作ってしまうのも方法なのです。

プロフィール例文①
印象を良くするにはハードルを下げることから

婚活マッチングアプリで良い印象をえるためには、断定的な表現や、高すぎるハードル設定を避ける必要があります。面識がない人が読むことを前提にする必要があるため、余りに文章が硬い場合や、相手への要求が高い場合は途中で読み飽きられてしまう恐れが高まるためです。

「はじめまして。普段は○○の仕事をしています。職場での出会いがなく、アプリに登録してみました。結婚をしたいという気持ちはありますが、まずはお友達から始められる方を募集したいと思います。」

基本的な文章になりますが、最初から結婚を前提だと男性に対するハードルが上がるため、あくまで含みを見せておくのがポイントです。声をかけてもらってから、印象が悪ければ切る方向で動いた方が良い相手を見つけやすいという事情もあります。

印象をやわらかくすることが好印象に繋がりやすいのです。

プロフィール例文②
相手への要求よりも自分ができることを書くと好印象に

婚活マッチングアプリを利用する場合は、『○○の人はお断りします』と書きたくなってしまうケースもあります。注意したいのは、相手への要求が多すぎるとわがままな女性と見られてしまうことが多くなる点です。
結婚にせよ、付き合うことを視野に入れるにせよ、まず自分と付き合うことでどのようなメリットがあるかはしっかりアピールする必要があります。

「料理は得意というほどでもありませんが、一通りこなすことができます。趣味というほどではありませんが、食べ歩きをすることもあります。美味しいものを一緒に食べたいという方がいらっしゃいましたら、一度声をかけて貰えるとうれしいです。ただ、ごめんなさい、タバコのニオイは体質的に合いませんので、喫煙者の方とはご一緒できません。」

この場合は自分が料理ができることと、外食に積極的であり、デートに誘いやすい人間であるとアピールできます。また、タバコが苦手な場合は「お断りします」などの文面よりも、体質に合わない、苦手といった表現でやわらかく伝えるのがポイントになります。

自分の得意のアピールや付き合いやすさなどのメリットを提示しつつ、ほんの少しの相手への要求を混ぜるバランスが重要です。プロフィールに詰め込みすぎても口うるさい印象になるため、メッセージがきたら説明するなど、分散をした方が印象が良くなることもあります。

まとめ

婚活マッチングアプリのプロフィール作りは重要で、写真や文章に気を使う必要があります。
まずは明るく話しかけやすい印象を作るのが基本で、初対面の相手が見ることを前提に気を配るのが大切です。初対面で好きという感情がない相手から口うるさく言われても、マイナス印象になるだけでなく、話しかけにくい雰囲気にしてしまうとチャンスを逃す理由にもなるからです。
プロフィールはあくまでコミュニケーションの入り口で、メッセージやデートのやり取りで関係を深めることを前提に組み込む必要があります。詰め込みすぎないことも大切になってくるのです。